初めてコオロギの繁殖に挑戦をしようと思っている人の多くが、コオロギの飼育と産卵の時期とティッシュは必要なのかと疑問に感じてしまっているかと思います。

実際にコオロギの繁殖は難しいものではないものの、しっかりと守らなければいけない点を守ることで安心してコオロギの繁殖に挑戦をすることができるようになるのです。

飼育方法は難しいものではないです!

コオロギ 飼育 産卵 時期 ティッシュ

コオロギの飼育方法は難しいのかと疑問に感じてしまっている人もいるのではないでしょうか。

実際にコオロギの繁殖に関して不安に感じている人もいるかと思いますが、実はコオロギにも飼育が容易な種とそうでない種がいて、飼育が難しい理由は種ごとにそれぞれあるのですが、飼育が容易な種類に共通の特徴として、比較的乾燥した環境に生息しているので乾燥に強いということが挙げられます。

し一般的に飼育されているコオロギはちゃんと餌をあげて栄養価を高めておく事によって飼育をすることができるようになるので、難しく考える必要はないのです。

またコオロギはなんでも食べるので、餌に関しても不安に感じてしまう必要もないのです。

しかし飼育ケージと保温器具に関してはしっかりと用意をしておく必要が有り、最低限の事でもあるので忘れないようにしなければいけないのです。

スポンサードリンク

繁殖も簡単に行えます!

流石に繁殖は難しいのではないのかと不安に感じてしまう人もいるかと思いますが、コオロギの繁殖に関しても難しいものではなく、熱帯魚用のフィルターマット、腐葉土、トイレットペーパーを準備することで安心して繁殖に挑戦をすることができるようになっているのです。

トイレットペーパーに関してはトイレットペーパーの保湿力、並びに繊維の繊細さはティッシュの比じゃないと言われていて、ティッシュだとすぐにボロボロになってしまい、使い物にならなくなってしまうので、ティッシュを使うという人はトイレットペーパーに変える必要があるのです。

ですが、トイレットペーパーもすぐにボロボロになってしまうのではないのかと不安に感じてしまう人もいるのですが、濡れたらすぐにボロボロになってくれるトイレットペーパーだからこそ、コオロギは産卵しやすいので、不安に思ってしまう必要はないのです。

まとめ

飼育も繁殖もとても簡単に行うことが出来るだけあって、安心してコオロギの世話をすることができるのですが、飼育に挑戦をする人も、繁殖に挑戦をする人も最低限の事だけは守ってあげる必要があるのです。

スポンサードリンク