コオロギの繁殖の際に注意をしなければいけない事が温度と保温なのですが、温度はどのぐらいが良いのか、保温についてどうなのかを理解しておくことによって、安心して繁殖に挑戦をすることができるようになるので、しっかりと理解をしておく必要があるのです。

コオロギの繁殖の際の温度と保温は?

コオロギ 繁殖 温度 保温

繁殖をする際に適した温度についてしっかりと知っておく必要があるのですが、コオロギの卵は管理温度が28℃位で充分だと言われているのです。

外気温や湿度に左右されますが、しばらくして一斉に孵化が始まるため、安心して繁殖に挑戦をすることができるようになっているのです。

保温に関してはパネルヒーターで十分とされていますが、10℃ぐらいになるとコオロギが生きられるギリギリの温度なので、夜の冷え込みが厳しい場合や冬などは、しっかりと見てあげる必要があるのです。

基本的に繁殖をしていて、温度管理で失敗をしてしまったというケースはあまり多くはないので安心して飼育に挑戦をすることができるようになっているのです。

スポンサードリンク

不安に感じてしまう必要はないです!

コオロギの繁殖はとても簡単で、温度と保温さえしっかりと守っていればきちんと産卵をしてくれるので安心することができるのです。

タンパク源となるコオロギフードは必ず入れる必要があるのですが、初めての人でも安心してコオロギを繁殖させることができ、繁殖させた後も不安になってしまうことがなく、飼育をすることができるようになっているのです。

まとめ

コオロギの繁殖の際に保温はパネルヒーターで十分とされているだけではなく、温度に関しても28℃位で良いとされている程、曖昧に設定をしてしまったとしてもしっかりと繁殖に成功をすることができるようになっているので、初めての人でも繁殖に挑戦をすることができるようになっているので、安心することができるのです。

スポンサードリンク