コオロギの繁殖に挑戦をしようと思っている人は、しっかりとコオロギの繁殖に必要な産卵床と土について理解をしておく必要があるのです。

産卵床はどういうものが良いのか、土はどういったものが良いのかを知っておくとより安心して繁殖を楽しむことが出来るようになるのです。

農薬使用されない事が必要です!

コオロギ 繁殖 産卵床 土

コオロギの雌に卵を産んでもらう場所でもある産卵床なのですが、注意をしなければいけない点として、用土を使うときは農薬が使用されていないか確認する必要があるのです。

万が一農薬が使用されている物を使うと、産卵をしない所かコオロギが亡くなってしまうおそれがあるので、しっかりと確認をしなければいけないのです。

また、コオロギの産卵床は小さめのタッパーかプリンカップにピートモスと赤玉土をブレンドしたものが良いとされています。

中には用土を使用せずに濡れティッシュを厚めにしたものを使う人もいるのですが、ティッシュの管理が苦手な人は用土に産卵をさせるという方法もあるので、どちらが良いのかをまずしっかりと判断をする必要があるのです。

また、コオロギが卵を食べたり、産卵床の用土をばら撒くことを防ぐために土の表面に底蜂ネットを敷くことも忘れずに行う必要があるのです。

スポンサードリンク

繁殖の注意点は?

ただ産卵床と土を用意しただけで満足してしまってはいけないのです。

実際に繁殖の際の注意点をしっかりと守らなければいけないのですが、取り出した産卵床は孵化するまで別の容器に隔離する必要があります。

この時に密閉してもよいのですが蒸れてしまって水滴ができると孵化したコオロギが溺れて亡くなってしまうおそれがあり、悪臭の原因になるので、多少通気がある容器を使う必要があるのです。

また、コオロギの卵は温度にもよりますが、管理温度が28℃位だと10日-14日間もあれば孵化してくれるので、しっかりと温度管理も行う必要があるのです。

まとめ

コオロギの繁殖を楽しむ場合はしっかりどういった事に注意をしなければいけないのか、産卵床と土はどうすれば良いのかを知っておくと、安心して産卵をしてくれるようになるので、しっかりと注意点を守って行う必要があるのです。

スポンサードリンク