コオロギを繁殖するときには、産卵後どうやって卵から孵化するのかを知っておく必要があると思います。知識のないまま実践し、失敗してしまわない様にきちんと調べてから挑みましょう。

コオロギの卵を守る事が大切です!

コオロギ 卵 温度 数 乾燥

頑張って繁殖に挑戦をしたあとは、しっかりとコオロギの卵を守ることが大切です。

コオロギの卵は温度にもよりますが、管理温度が28℃位だと10日-14日間もあれば孵化してくれるのですが、冬場は寒くなりがちなので、徹底的に管理をしてあげる必要があるのです。

また、管理していると希に産卵床にカビが生えてしまうことがあり、大丈夫なのかと不安に感じてしまう人もいるのですが、問題なく孵化してくるので無視していても大丈夫です。

コオロギによって異なるのですが、卵の数は数十匹と言われているので、忘れてしまわないように全て管理をしてあげることが必要で、一匹でも取り残してしまうということがないようにしなければいけないのです。

スポンサードリンク

別の容器に隔離する必要があるのです!

多くの人が失敗してしまうケースとして、産卵した直後にそのまま長い間放置をしてしまうと親のコオロギに食べられてしまうということもあるので、産卵床は孵化するまで別の容器に隔離する必要があるのです。

また、密閉してもよいのですが蒸れてしまって水滴ができると孵化したコオロギが溺れて亡くなってしまうという事が考えられたり、悪臭の原因にもなってしまうので、通気性がある容器を使うといいでしょう。

まとめ

コオロギの繁殖に成功したからといって安心してしまうのではなく、卵をしっかりと守ってあげることも忘れずに行う必要があるのです。

しっかりと守ることで安心して飼育をすることができるようになるので、コオロギの卵について深く理解をしておく必要があるのです。

スポンサードリンク