小さく綺麗な鳴き声のコオロギさん。

自然界で生きているため天敵は付き物です。

何も敵はいなく、好き勝手生きている生物は自然界にはいないのではないでしょうか?

では、コオロギの天敵はどのようなものがいるのでしょうか。

コオロギの天敵は?

コオロギ 天敵

コオロギの天敵はカマキリなどの昆虫類やクモ・ムカデ、カエル・トカゲやカラス・ツバメといった鳥類です。

カマキリは何を食べる?

コオロギと同じ昆虫であるカマキリ。

このカマキリは何を主に食べているのでしょう。

バッタやイナゴ、セミ。

場合によってはトカゲやカエル等も食べてしまいます。

基本的にカマキリは何でも食べちゃいます。

ただエサとして認識できる大きさもあるので、カマで挟める大きさのものであれば何でも食べると考えれば良いです。

ペットショップではカマキリやトカゲのエサ用にコオロギが売られているくらいですから、大好物です。

スポンサードリンク

天敵に遭遇したときコオロギはどうする?

これらに遭遇すると、大きく跳躍し逃走します。

太く大きな後ろ足で思い切り跳躍し、一目散に逃げます。

結構早く俊敏に逃げていきます。

このため、爬虫類等のエサとして売られているコオロギをトカゲモドキなどに与えようとすると、コオロギの動きが早すぎるため、なかなかエサとしてトカゲモドキたちが捕食できないという事態に遭遇します。

そんなときはあらかじめコオロギの最大の武器である後ろ足を折ってしまう、という事をしてあげなくてはいけない場合もある。

これほどまでに俊敏な動きをコオロギはするのです。

まとめ

コオロギは自然界で生きている限り常に敵に狙われている状態です。

常にどこかにカマキリやクモ・ムカデ、カエルが潜んでいて、空からはカラスやツバメなども鳥にも狙われています。

逆に、コオロギもエサを求めて徘徊しています。

コオロギよりも小さな昆虫や野菜、種などを探し回っています。

コオロギは大きな後ろ足ですばやく逃げることが出来ますが、農薬や殺虫剤にはすばやい動きでは対策できません。

野菜を守るためや、虫が苦手という方も多くいます。

場合によっては、コオロギの天敵は人間なのかもしれませんね。

スポンサードリンク