暖かくなりどこからともなくやってくるコオロギ。

秋には綺麗な鳴き声で楽しませてくれます。

そんなコオロギですが、野菜畑で見つけたら駆除するべきなのでしょうか。

それとも野菜には害が無いのでしょうか。

コオロギはどこに住んでいる?

コオロギ 野菜 畑 駆除

コオロギは田畑や草原、森林や人家の周囲など地上のありとあらゆる場所で見かけます。

日中は草地や石の下などで過ごしています。

コオロギが住むには、草や石が必要ということになります。

もし、コオロギを飼う場合には飼育ケースの中に草を入れますよね。

コオロギは何を食べているの?

ではコオロギは何を食べて生きているのでしょうか。

コオロギは、食べられるものであればなんでも食べちゃう雑食です。

そこで、飼育した場合を考えてみましょう。

コオロギの餌として与えるものは、野菜が多いのでは無いでしょうか?

コオロギ用に野菜を準備するのではなく、ご飯を作った時に出た余り物で十分足ります。

キャベツや白菜などの野菜で十分なのです。

他にもリンゴなどの果物も大好物では無いでしょうか。

このようにコオロギは、なんでも食べる雑食性です。

スポンサードリンク

コオロギが住みやすい場所は?

このようなコオロギですが、どこに住みやすいか考えてみましょう。

すみかとなる草や石があって、食料となる野菜が豊富にある場所。

畑です。

コオロギが住むためのものが全て揃っています。

住みやすい場所を見つければ、当然その場に住み着きます。

畑のコオロギは駆除する必要がある?

ではコオロギが畑にいた場合、駆除する必要はあるのでしょうか。

コオロギは雑食性です。

なんでも食べてしまいます。

せっかく作った野菜も食べてしまいます。

コオロギ自身は、種も好んで食べますし、葉も食べます。

もし畑でコオロギを見つけたら、駆除すべきでしょう。

まとめ

コオロギはその鳴き声で、あまり害虫というイメージはないかもしれません。

ですがコオロギの生態を考えると、全てではないにしても害はあると考えられます。

せっかく作った野菜をコオロギに食べられてしまっては悲しいですね。

もちろん、地上のすべてのコオロギを駆除してしまうと、その美しい鳴き声も聞けなくなってしまうし、コオロギを餌にしているトカゲやヘビといった生物も困ってしまいます。

せっかく育てた野菜を守るためにせめて畑のコオロギは駆除して、野菜たちを守ってあげましょう。

スポンサードリンク