コオロギは秋に鳴く虫として知られていますが、他には爬虫類の『餌』としても広く知られていますよね?

爬虫類を飼っている人なら多かれ少なかれコオロギはお世話になっていると思います。

今ではペットの餌としてお店に並んでいますが、毎日の事となると買ってくるより自分で増やした方がコスパも良いと繁殖をする人も増えています。

ですが飼育していると、臭いと言う悩みが…。

コオロギ飼育に臭いは付き物と割り切れるなら良いですが、割り切れない人の為にコオロギの臭い対策について紹介します。

コオロギが臭う原因は何か?

コオロギ 飼育 臭い 対策

爬虫類の餌としてコオロギは良く使われています。

でも、そのコオロギの臭いが嫌だと言う人は数多くいます。

えっ?コオロギってそんなに臭いの?

爬虫類を飼った事がない人は思うかも知れませんが、地味に強力な臭いを放ちます。

毎日の餌代を考えると買ってくるより餌を飼った方がコスパも良いので飼育している人も多くいますが、臭いの悩みがつきまといます。

では、何故にコオロギが臭くなるのか?どんな原因があるのか?

それが分からないと対策のしようがありません。

コオロギが臭くなる原因を、いくつか挙げてみましょう。

飼育環境が不衛生

本来、綺麗好きなコオロギは生活環境が悪いと臭いがキツくなってきます。

空気の流れが悪かったり排泄物、食べ残し、水分などが臭いの元となっています。

排泄物

尿にはアンモニアが含まれており、飼育環境が不衛生だとトイレ掃除まで手が回っていないと思います。

空気の流れが悪い空間だと、蒸れた状態のままですので臭いがキツくなります。

腐りやすい餌

乾燥した餌の食いつきが悪いからと、生の餌を与えると食べ残した時に腐敗が早くに進みます。

その餌が数日ほど放ったらかしにすると、臭いが出てきます。

スポンサードリンク

飼育時の臭い対策

餌用のコオロギを飼育する時の臭い対策についてですが、臭いの原因が分かれば改善してあげる事で臭いは軽減されます。

まずは飼育環境から改善してあげます。

コオロギの飼育で大事なのは水と餌を切らしてはならない事ですが、臭いの原因は水もあります。

餌も水も毎日しっかり変え、残さない様にしてあげる事です。

そして餌や水を与えていると、必ず排泄物も増えてきます。

掃除を怠るとアンモニア臭が勢力をのばしてきます。

毎日、しっかり尿掃除をするだけでも格段に臭いは落ち着いてきます。

まとめ

人もコオロギも同じですが清潔にしてあげる事が大事です。

雨の日に室内に入れば人も汗をかいたり、ジメジメした空気だと臭いがする事と同じでコオロギもそうなんです。

対策の基本として最低限、空気の流れがある所で飼育してあげましょう。

スポンサードリンク